すらら 勉強できない 中学生.jp

中学生 勉強ができない・偏差値30の子どもへオススメ勉強方法とすらら ネットの体験ブログ♪ 勉強嫌い中学生で個別塾は高すぎてムリ(泣)という方へ!

#PR

すらら & 中学生 タブレット通信教材を比較してみた感想

中学生のタブレット通信教材の比較

すららで勉強中

(1)すらら

特徴…国数英の3教科がメイン、すららコーチが学習計画をサポート&子供の疑問には折り返し答えてくれる、無学年方式(不登校で学習がおくれがちな子供に〇)、AI学習により間違った問題を自動で出題してくれる、AIボットが対話式で授業を進めていくスタイル

メリット…オリキャラが楽しく学習をすすめてくれる(AI機能つき)、不登校など「学校を休みすぎてどこから勉強が分からないのかも分からない」という子供に向いている

デメリット…国語は教科書にそっていないため「教科書通りにすすめたい」「国語定期テスト点数アップに集中したい」という中学生には不向き(論理的な思考力、論文といった国語力アップにむいている)

必要な機材…「PC」か「タブレット(AndroidもOK)」

(2)進研ゼミ

特徴…5教科しっかり学べる、長年の学習ノウハウあり、教材量がおおい、もともと勉強が70点以上とれている中学生むけ(学力が高め)

メリット…ネット配信だけでなく一部紙も毎月送られてくる、学校の定期テストに力を入れたい教科書通りにすすめたい中学生にむいている、学校で使用している教科書設定ができる、

デメリット…配信される毎月の学習量が多めで、サボると瞬く間に残りがたまっていく(やる気がそがれる)

必要な機材…「進研ゼミ専用タブレット」か「iPad」

(3)スマイルゼミ

特徴…タブレットだけで全9教科(副教科含む)が学べる、

メリット…期末テスト対策として副教科の勉強もできる、各単元の最初にアニメなどがあり気軽に取り組みやすい、学校で使用している教科書設定ができる、専用タブレットは1年間使うと無料でもらえる

デメリット…問題が簡単すぎる場合がある、市販のタブレット(Android・iPad)、ペンでは代用できない

必要な機材…「スマイルゼミ専用タブレット」

(4)スタディサプリ

特徴…人気講師の授業が見放題、月額料金が段違いで安い

メリット…動画視聴なのでスマホだけでもOK(文字はみづらい)、値段が安い

デメリット…他のタブレット学習と比べてAI機能がほぼない。練習問題に力をいれていないし少ない。

しってた?中学生のタブレット学習のメリット

ひとむかし前の通信教育って「紙」だったよね。 問題集や参考書などなど。。

でも今はもっとお手軽に、もっと学習効率をもとめてタブレット学習がメインだって気づいてた?

あの通信教育最大手のベネッセ「進研ゼミ中学生講座」もいまはタブレットがメイン。 うちがやっている「すらら」もタブレット(もしくはPC)で効率的に勉強ができちゃうから、とっても助かってる♪

タブレット学習の一番のメリットは「マルつけ不要」ということ! マルつけって意外と手間かかるし、「練習問題だけといてマルつけはまた明日~」と先延ばししがち。その点タブレットやPC学習なら自動だからね。すぐに結果がわかるから、子供もすぐに復習しやすい。 「ママ~マルつけやっといてよ~」といわれることもないから、保護者の手間もはぶけるってわけ(^v^)ノ

いまなら、すらら入会キャンペーン中♪

notstudy.hatenablog.jp

中学3年生の進路説明会にいってきた!(高校受験)

公立高校にかよう中学生の長男・叶多(カナタ)。 中学3年生になりました

2年生の通信簿は8教科オール2という内申点の低さです。そんな叶多がとうとう中学3年生になっちゃいまして(><)

新しく中学三年生となり、保護者むけ「進路説明会」に参加してきました。 先生からのお話をシェアしますね♪

中学3年は勝負の年!

中学生の進路は4種類 うちが通っているのは大阪府の公立中学校。

内申点の計算方法、うちの中学からかよえる公立高校・私立高校の説明がありました。

大阪では「エンパワーメントスクール」というのが新しくできたんですね。外国のお子さんを受け入れたり、中学校の勉強からやり直したりと「低学力でも通える公立高校」となっています。

これなら長男でも通えそうだけど、やっぱり普通高校にいけるなら行ってほしいー!

高校に通えなくなった子供達のお話

進路指導の先生から「せっかく高校に受かっても通えなくなってしまった子どもがいます。毎年保護者さんにはこの話をかならずしているんです。」と、2つの不登校エピソードが紹介されました。

成績面では十分であっても、高校選びをまちがってしまったばっかりに通えなくなってしまうことがあるんですって。あなたのお子さんはいかがでしょうか?

(1)満員電車に乗るのが嫌で私立高校を中退した女の子

毎朝、満員電車にのるのがイヤすぎて、せっかくの第一希望の高校を中退した女の子のお話です。

なぜ満員電車にのるのがいやかというと、痴漢にあったり、人にカラダをギュッとおされたりするのが駄目だったと。

「どうしても我慢ができない!」とのことで高校中退。 大人ならイヤといえるけどその女子には難しいことだったんですって。いや~もったいない(><)

結局その女の子はせっかく受かった私立高校をやめて、翌年受験しなおしたそうです。

私立だったら入学金や制服代あわせて初年度費用100万ほどかかります(*´Д`) これは親の立場からすると アイタタタ…な高校受験ですね。

(2)お目当てのクラブ指導者が転勤に

また、ある公立高校に入学した男子中学生。
その男の子には入りたいクラブ活動と憧れのクラブ指導者の先生がいました。

ところが、クラブ指導者はその男子が入学したのと入れ違いに
なんと!! 転勤になってしまったんです(*´Д`)

(公立高校では10年に1回だいたい転勤があるのが普通。私立はほぼなし)

もし転勤辞令が早めにでていたとしても、生徒にはもらすことはありません。これも気をつけるべきですね。

高校受験は3年ごとにかわってしまう!?

受験は毎年めまぐるしく変わっています。私たち1970年代生まれの時代とは全くちがうんです。

さらに今はまさに高校受験制度の過渡期だと先生はおっしゃっていました。

・3~4年かわると、受験要項がコロッと変わってしまう
・保護者も「子どもに任せているから口出ししない」ではなく、一緒に見に行くことをおすすめします。「百聞は一見にしかず」
・スマホは時間がさかれてしまう。「スマホは勉強に使うから(調べもの・辞書)」と言われてもリビングや勉強時間だけでも預かる工夫をしましょう!

中学で成績をあげるのは高校受験のため。
高校選びは成績とおなじくらい重要ですよ~(^^)/

偏差値30からの中学生通信講座「すららネット」

とにかく高校にいってほしいなら、内申点+テスト点数をあげましょう。
すららネットは勉強嫌い専門のネット通信講座。よう子ママの長男も受講中★

notstudy.hatenablog.jp