勉強できない 中学生.jp

中学生 勉強ができない・偏差値30の子どもへオススメ勉強方法とすらら ネットの紹介ブログ♪ 勉強嫌い中学生で個別塾は高すぎてムリ(泣)という方へ!

成績アップさせたい中学生へ!林修先生おすすめ勉強法

なにかよい中学生の勉強方法はないかな?と常にさがしているワタシ・よう子です(^v^)ノ 勉強できない中学生の林先生勉強方法

林修先生の白熱教育法・まとめ

今回は林先生のテレビで公開された教育法のなかで「うちの勉強嫌い長男・春人にも関係あるな」というポイントをまとめました♪

よかったら参考にしてくださいませ~☆(ゝω・)v

ゲームで成績は下がる!分岐点は2時間

子どもにゲームをやめさせても勉強時間は増えないという文部科学省資料もあります。

ただし、ゲーム時間が1時間未満だと勉強量とかわりませんが、1日2時間以上ゲームをすると成績に大きく関係することが分かっています。

時間を区切ってやれるかどうか自己管理能力も必要ですね。

子どもを東大にいれた親の習慣「子どもの話をきく」

教育雑誌プレジレントファミリー「東大生173人アンケートで実証。学力をのばすたったひとつの親の習慣」という特集記事(2017年秋号)がテレビ内で紹介されました。

勉強しなさいという代わりに東大生の親9割の習慣とは、ズバリ「子どもの話をきく」!!

親のながらスマホが子供の話を聞く時間をすくなくしています。

つい子どもが話していてもスマホをいじっていたりしますよね。私もよくやっちゃいます(*´Д`)よくない習慣ですので今日からやめることにします。

林修先生をつくった魔法の言葉

実際林先生のご家庭でもたくさんお話をきいてもらったそうです。

そのときはこの3つの言葉をたくさんかけてもらったんだとか。

(1)『それで?』
…親が興味津々で話の続きをうながしてくれました。

(2)『どうしてだと思う?』
…子どもに「なんでなんで?」ときかれると親御さんは「どうしてだと思う?」と聞き返してくれたそう。

(3)『やっぱり』
…「やっぱり修は天才だ!」と林先生の親はほめてくれたんですって(笑)

≪放送後の視聴者コメント≫
・耳が痛い 息子がなにか一生懸命はなしてくれているときはもっとちゃんと向き合ってあげよう。

・私もふくめて、ほとんどの親がまともにできていない 反省! ・子どもの話を、ながらスマホして聞いてたわ。ちゃんと聞いてあげないとな。

・外にいくと子供がいるのに親がスマホに夢中になっているのを見るよね。

努力しているのに勉強ができない原因は「勉強量が少ない」

頑張っているのに成績が伸びない原因は単純に量がすくないだけ。いくら本人が「こんなに頑張っているのに勉強できません」「勉強やってます」といっても、本当に成績がよい子供とくらべると勉強量が足りていないだけだったりします。

“これっぽっちの勉強量を「がんばっている」と思う精神が、あなたの進歩をとめているとおもうよ”と林先生は答えていました。

勉強は「夜中」と「朝早く」どちらがいいのでしょうか?

自分でためしてみて成果がでたほう。

ちなみに林先生の高校時代の生活リズムは、 ・午後7時 高校から帰宅後ねる ・深夜2時~早朝5時 起床後に3時間勉強

どういう勉強法がいいですか?と聞く学生はイロイロなやり方を試していない

まずいろいろやってみるなかで、合うあわないをためしてみる。

がんばっているのに成績が上がらない子はどうしたらいい?

単純に勉強量がたりない

放送後のコメント ・結局、自分にあった勉強法をみつけるしかないのね…。がんばろう。 ・トップクラスと比べると自分のがんばりなんてちっぽけなもの。 ・自分はとても頑張ってる!っておもってたけど他の人はもっと頑張っているんだな。心を入れ替えよう。 ・「自分ではやっているつもり」、その考えが自分の限界をつくってしまうのは正論だな。

子どものやる気を上げる魔法の言葉「嫌なら勉強やめればいい」

勉強はぜいたく品。やる気がないなら勉強はやめちゃって言いとおもう。

・「やる気がないならやめなさい」by 林先生

説明:世界中には勉強をしたくてもできない子供がいる(貧乏で働かなければいけないなど)。 日本やあなたは恵まれている。

親がきちんと面倒をみてくれて授業をうけるお金もだしてくれている。それなのにやる気がでないというのは贅沢だという意味。

林先生以外のコーチからは「どんな小さなことでもいいので成功体験をつくってあげる」というアドバイスも出ました。

(2018年1月21日放送『大反響!林先生の白熱教室ベスト10』より )